ご契約までの流れ

物件探しから、ご相談・お問い合わせ、契約、アフターフォローまで、当店独自のご契約の流れです。

どんな部屋に住みたいか?考えて見ましょう。どんな部屋に住みたいか?考えて見ましょう。

まず家賃の予算を決めて見ることです。
コツとしては、一般的に月収の3分の1を目安にすると良いでしょう

自分に必要な条件を考える
暮らしやすいお部屋の広さ・日当たり・設備・交通・周辺環境など自分の希望をイメージしよう!
その際、ノートやメモに条件を書きだすのがコツです

条件に優先順位をつける
次に書き出した条件に順番をつけよう!
「絶対に譲れない条件」「できれば叶えたい条件」「あれば良い条件」。
自分の中で条件に優先順位をつけておくとお部屋探しがスムーズです。

お部屋の情報収集お部屋の情報収集

まず家賃のお部屋の情報収集 住むイメージが固まったら、
次に情報を集めてみましょう。

インターネット
インターネット当社ホームページや不動産検索サイトで情報収集。
相場観を知ることや間取り図をたくさん見ることで実際のお部屋探しがスムーズになります。

物件検索

物件の見学物件の見学

予算も決まり、タイプも決まった...
次は物件の見学です。

周辺環境
周辺環境"百聞は一見にしかず"インターネットや物件資料で得た情報を確かめに現地へ。
お部屋の設備・広さ・雰囲気だけではなく、周辺の環境や交通もチェック。
実際に通勤、通学する際の通り道の雰囲気も気になりますよね

物件の見学を希望される場合は、事前に不動産会社に希望日時を伝えましょう。
担当者の方が事前に準備をしてくれていますので当日の見学がスムーズになります。

申し込み、そして契約申し込み、そして契約

気に入った物件が見つかった!
次はお申し込みから契約です

契約に必要な書類
契約に必要な書類契約には、住民票・印鑑・保証人に関する書類などが必要になります。
※物件貸主によって違うのでよく確認しておきましょう!

口頭で部屋を押さえることは出来ませんので、必ず入居申込書に記入する必要があります。
その後、簡単な入居審査があり、それが通れば、本契約となります。
契約書を交わし契約金を支払った時点で、初めて鍵がもらえます。

住む住む

いよいよ新生活のスタート・お引越しです。

引越前の諸手続
市役所・区役所・役場で、
転出届・転入届の提出、免許・銀行口座の住所変更など、
余裕を持って済ませておこう。

引越業者の見積り
引越業者は3月・4月や月末は混み合います。
見積りのご依頼はお早めに。


電気・ガス・水道に連絡するのを忘れずに!
特にガスは当日立ち合いが必要になのでご入居の数日前に連絡を!

アフタ−フォローアフタ−フォロー

アフターフォローアフターフォロー・アフターサービス不動産業界No.1
目指す当社に、何でもお気軽にご相談ください。
"お客様の声"を大切にするスタッフが
心からのご対応をさせていただきます。

0